巨乳温泉子作りの湯

ストーリー

会社の倒産、婚約者との別れ。 そんなつらい出来事を忘れるため、俺は単身秘境へと旅立った。
だが、そこでも不幸は続く。 道に迷った挙句に、携帯の電波も届かない山奥で遭難してしまったのだ。
何もかもがうまくいかない……。

そんな絶望の果てに、ついに俺は意識を失ってしまう。
そして目覚めると、そこはいい感じにひなびた温泉宿だった。

俺を助けてくれたのは、グラマラスで超美人の女将。
これまた巨乳で麗しい娘と二人で、宿を切り盛りしているのだという。
どちらもその豊満な肉体と、匂い立つような色気をまとわせていて、俺はすっかり心を奪われてしまった。

人生のどん底だった俺が辿り着いた、ここはこの世の楽園か !?

なんとしてもここに留まるために、俺は助けてもらったお礼として手伝いを申し出る。

あわよくば肌と肌とのお付き合い…… いや、もっと深い仲になってやる!
湯けむり立ち上る温泉宿で、美人巨乳母娘との濃密な日々が始まる!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事